10月16日「観光人材育成のための社会人講座」のおしらせ

「食の魅力」を観光資源にするために ~スペイン・サンセバスチャンからの学び~

講師:大久保あかね教授

スペイン北東部の大西洋に面した港町、サンセバスチャン。この町は10年前まで単なる漁港町でした。しかしながら、この10年でサンセバスチャンは世界有数の美食の町として生まれ変わり、年間70万人の観光客が世界中からやってきます。この町の美食を支えるのは、町の飲食店のシェフたちです。彼らは町のモンドラゴン大学で科学的に美食を創り出す技を学び、自身の店に持ち帰りヒット商品を作り出しています。そしてモンドラゴン大学には日本を初め世界各国から若手シェフが技を学ぶために集まってきています。地産地消の素材の旨みを一段と引き出す技とは何か、皆さんにご紹介させて頂きたいと思います。

日時:10月16日(金) 午後1時30分~午後3時

場所:賀茂キャンパス(下田市中531-1 下田総合庁舎別館2階) ※別館1階の玄関からお入りください。

申し込み:下記フォームよりお申し込みください。

その他:受講無料、10月から毎月1回開講(単発の参加も可です)