「あたみやげ おつかいし隊」―募金ではなく消費で熱海を応援―


静岡県立大学有志 が、「あたみやげ おつかいし隊」を立ち上げました。

静岡県内有数の観光地でありながら、新型コロナウイルスの感染拡大と土砂災害により大きな影響を受けている熱海市のお土産屋さんを応援するため活動します。募金ではなく、「消費」で熱海市を応援できる点がこの事業の大きなポイントです。

また一時的な支援だけでなく熱海市に興味を持っていただくことで、コロナ後の観光や、将来的な移住への意欲を誘発させ、将来の熱海市の関係人口増加にも効果を与えていくことができるのではないか考えております。

 「あたみやげ おつかいし隊」は 熱海市のお土産屋さんと協力して、お土産プランを作成します。お客様からご希望のプラン注文を受け、熱海市の様子をお伝えする「月刊あたみやげ便り」とともにお届けします。

 熱海市観光協会、熱海商工会議所、熱海高校などとの協力体制も構築し、静岡県立大学の経営情報学部・国際関係学部の学生 15 名で活動をはじめました。もちろん、新たな参加者も大歓迎です!

活動内容は、Facebook 、Twitter(@atamiyage)で随時報告していきます。