設立目的    運営方針    活動内容    組織体制    研究者一覧

ご挨拶

ツーリズム研究センター長 八木 健祥 教授

人口減少、少子高齢化が進む静岡県において、「観光」を基幹産業のひとつとして育成していく取組みが始まっています。本学では、こうした取組みに積極的に関与し、地域に対し有益な情報発信を行い、静岡県経済の発展、地域振興に貢献することを目的に、このたび静岡県立大学大学院経営情報・イノベーション研究科の附属施設として「ツーリズム研究センター」を開設しました。研究センターでは、静岡県観光を中心とした調査・研究をはじめ、静岡県民、企業、団体等を対象とした講演会、社会人講座を行うほか、高校等における観光教育へのサポート等を通じ、将来の静岡県観光を担う人材の育成にも取り組んでいきます。皆様のご理解とご支援のほどよろしくお願いいたします。

Greeting

Message from the Director of the Research Center, Professor Kensho Yagi

Because of the decline in population, low birthrate, and aging society in Shizuoka, tourism is an essential industry to promote. Accordingly, the Tourism Research Center (TRC), under the auspices of the Graduate School of Management and Information of Innovation, University of Shizuoka, has been established to contribute to dispatching information, developing the local economy, and supporting regional areas of Shizuoka Prefecture. With tourism research in Shizuoka as a focus, the TRC helps to develop human resources for the future development of local tourism. For example, it provides lectures for business sectors and organizations, intensive courses for working people, and educational tourism studies for high school students. With this mission, the TRC is pleased to accept your appreciation and kind support.