設立目的

観光立国が国家戦略として位置づけられる中で、静岡県においても観光を県の基幹産業の1つとして成長させる方針が打ち出されています。こうした中にあって、本学では、静岡県観光を中心に観光動向等の調査・研究を行う機関を設置し、観光に関する産学官の連携を一層密にしつつ、地域に対し有益な情報発信等を通じて、静岡県観光産業のさらなる発展、ひいては地域経済の振興を図る目的で、静岡県立大学大学院経営情報イノベーション研究科の附属機関として、今般、「ツーリズム研究センター」を設立することといたしました。

  • 静岡県を中心とした広く観光に関連した調査研究の実施
  • 地域再生に繋がるような行政・地元企業等と連携した観光振興に関する調査研究
  • 経営情報イノベーション研究科と連携した大学院生に対する指導育成
  • 講演会・社会人講座等の開催

Purpose of the Establishment

A policy to develop tourism as a primary industry of Shizuoka Prefecture emerged when Japan became a tourism-oriented country. The University of Shizuoka’s TRC, therefore, was founded as a central tourism research institute of Shizuoka Prefecture to connect tourism-related industries, dispatch information, develop the tourism industry, and revitalize the local economy through tourism in the region.

  • Conduct survey and research related to tourism widely in Shizuoka
  • Investigation and research on tourism promotion in cooperation with the government and local companies that lead to regional revitalization
  • Guidance and training for graduate students in collaboration with the Graduate School of Management and Information of Innovation
  • Holding of lectures and open lectures